ザイオン・マネースクール お金について学べる!スマートで、お得な生活。

はじめまして!代表者の藤原です。日本とアメリカの会社の代表取締役社長、CEO、CFO。米国税理士、証券外務員1種&2種、経理・財務スキル検定 最上級A級、簿記検定2級(96点)、CFO資格、国際会計検定 AMなどの資格合格者。7年以上勝ち抜いている、プロの投資家でトレーダー。お金について分かりやすく学べるようにしています。ぜひ実生活に生かして得して下さい!

■ザイオン・マネースクール講座■ファイナンスコース■「短期金融市場」

本日のテーマは、、「短期金融市場」になります。

 

以下は、ザイオン・マネースクール講座(ファイナンス

 

ース)のオリジナルテキストからの抜粋になります。


短期金融市場は、英語で、マネー・マーケットといいま

 

す。

 

短期金融市場とは、満期が1年以内という短期間の取引

 

で、資金を調達・運用する市場です。

 

一時的な資金繰りのために、金融機関同士が短期間の資金

 

を貸し借りするための、取引市場を指します。

 

短期金融市場は、原則として、半日から数日間という、短

 

期間の資金の貸し借りが、活発に行われています。

 

そして、金融機関だけが参加できる、インターバンク市場

 

です。

 

また、短期金融市場には、コール市場、手形市場、ドル・

 

コール市場などがあります。

 

金融自由化前の預金金利は、公定歩合に連動していたた

 

め、公定歩合の上げ下げが、金融政策の基本手段でした。

 

現在、日本銀行が、金融政策を具体的に実施する場は、金

 

融市場です。

 

日本銀行は、金融政策決定会合で決まった方針に基づい

 

て、短期金融市場を通じて、民間金融機関を相手に、債券

 

や手形の売買や貸付を行います。

 

これを公開市場操作といいます。

 

この資金の供給や吸収で資金量が調整されることで、具体

 

的に金融政策が運営されています。